better days

日々それなりに生きています。

【今週のお題】わたしの手帳術

 ▼今週のお題「わたしの手帳術」

 既に先週のお題になってしまいましたがせっかく書いたのでお焚き上げします。

「手帳"術"」と呼べるほどの何かは何もないですが、長年の模索の結果現在はB6マンスリー&ウィークリーと文庫サイズの無地のノートの2冊使いに落ち着きました。今後また変わるかもしれないですが今はこれで概ね満足しています。

▽B6マンスリー

www.ryuryu-market.jp

こちらのryuryuのスケジュール帳は数年前まで何度か使用しており、これまでに使ってきたスケジュール帳の中ではダントツで好みでした。それでも求めているものとは少し違うなあと思い途中で他のスケジュール帳に浮気したりいろいろ使ってみたもののなかなかしっくりこず。今年の手帳はどうしようかとハンズで見かけたこちらのスケジュール帳を久しぶりに手に取ったら基本的な構成はそのままに細かいところが相当私好みにリニューアルしていて、まさにこれだ!と思い即決しました。

 ▼お気に入りな点

 ▽シンプルで落ち着いた色味の表紙デザイン

▽クリーム色の紙と茶色系の印刷

▽月曜始まり

▽マンスリー左サイドのチェックリストとメモ欄

▽薄い点線で上下に区切られたマンスリー

▽ブロックタイプのウィークリー

(縦長のバーチカルがあまり好きではないのでブロックタイプは嬉しい)

▽月ごとのインデックス ←NEW!

▽同じ月のマンスリーページとウィークリーページがまとまっている ←NEW!

(マンスリーはマンスリー、ウィークリーはウィークリーで固まっているものよりこちらのほうが個人的には使いやすい)

▽ウィークリーページの時間軸にもなる罫線 ←NEW!

▽後ろにお役立ちページみたいなのがなくて全部メモページになっている

もうね、全部が最高に好きです!理想!今回のリニューアルの中でも本当に最高だと思ったのがウィークリーページの罫線。以前は3段に区切られていてそれが微妙~に使いづらかったのが罫線になったことで解消。時間軸になっているからバーチカルとしても使える素晴らしいリニューアルだったと思います。細めの罫線なのがまたなんとも好み。今後は当面このスケジュール帳から浮気することはないんじゃないかと思います。それくらいに気に入っています。ひとつだけ残念な点を挙げるとすれば、以前まではラインナップに含まれていた深い赤色のカバーがなくなってしまったことでしょうか。でも現在使用してる深い青色も好きだし気に入っているのでいいです。でもやっぱり深みのある赤色が好きなので今後また復活してくれたら嬉しいなー。

 

▼手帳術

▽マンスリー

話を本題に戻しまして、手帳術。私の場合は休みがシフト制で不定期なので休みの日の日付に赤ペンで丸をつけています。ただ他の人との兼ね合いや予定が変わったりで休みが変わることも度々あるのでここは今後改良したいところ。

ブロックの上段に自分の予定、下段にその日使った金額とお財布の残高の簡単なメモをつけています。以前は独立したお小遣い帳をかなりきっちりとつけていましたがクレジットカードを導入して以来現金での買い物のほとんどがお菓子や友達と遊んだときのランチ・カフェ代に限定されるようになったので細かくつけることはやめました。生活費は別できっちりつけていますし、今自分のお財布にどれだけの現金が入っているのかを把握することが目的なのでこれで充分です。

左側のチェックボックスには、具体的な日時は決まっていないがその月のうちにしておきたいこと(例えば美容院など…)を忘れないようにメモ、終了したらチェックをつけて横にその日の日付を記入。

その下のメモ欄には夫の予定(リビングのカレンダーでお互い一応予定の共有はしていますが念のため)、下4行には繰越・収入・支出・残高のまとめをつけています。使い始めた当初はブロックの下段に夫の予定を記入していましたがあんまり予定の多くない人なので自分のお小遣い管理用に使うことにしました。

▽ウィークリー

マンスリーは先程述べた使い方でほぼ確定しましたがこちらはまだちょっと模索中。今はToDoリストとして使っています。仕事でもプライベートでも時間単位のスケジュールが入ることはまずないのでこの使い方でまあいいかなーと。そもそもスケジュール帳に書く必要があるほどの仕事の内容ではないし。ToDoの内容がほとんど家の掃除のことばかりで面白みがないのは私の日常自体の問題なので手帳術は関係ないです。

日記をつけようかなとも思ったけど日記は日記で今年からつけ始めた5年日記があるのでまあそれでいいやと。

後ろのメモページは毎年持て余してしまうので今年こそは何かに活用したいなーと思いつつも日頃のメモは後述のノートに全部書いてしまうので、さてどうしたものか。

▽文庫サイズメモ

www.midori-store.net

欲を言えばスケジュール帳と同じB6サイズのものが欲しかったのですがMDノート自体がA規格しか採用していないようなので諦めました。

トラベラーズノートと随分迷いましたがMDノートに。トラベラーズノートはパスポートサイズだと少し小さいしレギュラーサイズだと大きいし…ということで却下。7年くらい前はトラベラーズノートパスポートサイズのスケジュール&メモを愛用していました。仕組み的にはとても便利だったのですがやはりサイズ感がネックでいつの間にか使わなくなってしまいましたが。あとあれカシメだったりゴム紐だったりが結構邪魔くさい。コンセプトやデザインなんかは好きなんですけどね。私が革製品好きになったきっかけの品でもありますし。

話が逸れました。実はミドリ製品が結構好きなんです。トラベラーズノート然り。普通の厚さのMDノートを日々の雑記帳として使用したり1日1ページのものを日記に使ったりもしていた時期がありましたが如何せん厚いので使い終わらない。達成感がない。飽きる。1日1ページのものは毎日1ページ分も書くことがなかった。絵も描かないしコラージュもしないし…。ただ、文字のみ。ノートの消費量もあまり多くなく飽きっぽいうえにお手軽に達成感を味わいたい私にはMDノートはなかなか相性のよろしくない商品、でもMDノート自体は好き…というジレンマを抱えたまましばらく文房具熱が冷めていました。

ところが最近また文房具熱が再燃した際に何気なくMDノートの商品ページを見たらいつの間にかMDノートライトなるものが販売していました。仕様はそのまま、厚さが変わっただけ。飽きっぽくお手軽に達成感を味わいたい私にこの商品はまさに朗報でした。薄くて軽いから持ち運びの邪魔にもならないし。最高!

よって現在こちらのMDノートライトの無罫をスケジュール帳に記入すること以外の多目的メモとして使用していますが、ほとんど日々の献立メモと化しています。本当はもっと手帳術とかノート術とか呼べるようなおしゃれな(?)ことを書きたい…!

今これを書きながら、スケジュール帳のウィークリーページに日々のごはんを書くのもいいなと思い始めました。

▽まとめ(るほどの内容ではないけれど)

 

・マンスリー:予定と自分のお財布の管理

・ウィークリー:ToDoリスト

・MDノート:雑記帳(今のところほぼ献立メモ)

今のところは上記の使い方で安定しています。でも今後は献立メモをウィークリーに書こうかな。献立メモというか食べたものメモというか。

手帳を使ううえで私が心掛けていることは、何でもあまり増やしすぎないこと。例えば友達と遊ぶ約束を記入するときは「誰と・何時・待ち合わせ場所」の3点しか基本的には書きません。(○○ちゃん 13:00 京都駅 みたいな。)どこのお店に行くとかは別でつけている日記を振り返れば思い出せるのでわざわざ書きません。お金も同じく。ToDoも自分がわかりさえすればいいのでざっくり単語レベルでしか書きません。

というのも、元々結構何でも事細かに書き残しておきたいタイプなので、それだと情報過多になりすぎて本当に必要な情報を見失うことがあったのでこのような心掛けをしています。

逆にメモは詳細であればあるほど助かることが多いので思う存分書いています。あんまりざっくりすぎて「これは何を意味しているんだ…?」と自分でも困るようではメモの意味がないですし。

あとスケジュール帳も雑記帳もコラージュなどは一切しませんがそれはただ単にそういうセンスがないからわざわざしないだけです。

 

こんな感じの「わたしの手帳術」です。改めて書き出してもやっぱり"術"と呼べるほどではないな。