better days

日々それなりに生きています。

雑記180925

▽風邪、復活

先週の水曜日に一度風邪で寝込んでその日のうちに復活しましたが、その日の晩に再び発熱しました。夜中から丸々半日近く熱が40度から下がらず一時は死を覚悟したりもしました(大袈裟)が、今はもうすっかり元気です。

一度目の発熱は本当にただの風邪だったと思いますが、二度目の発熱は恐らく食あたりだったように思います。というのも、2年半ほど前に鶏肉にあたって死にかけたときと症状がほとんど同じだったので…。普段ならきっとなんともない食べ物が風邪で免疫力の弱った身体には大ダメージを与えたのではないか、と思います。

日頃健康でいられることのありがたみを改めて噛み締めた一週間でした。もう今後一生健康でいたい。

 

▽私は友達が少ない

ラノベのタイトルに掛けて。

私は友達が少ないです。昔から友達はそうそう多いほうではないですが、ここ数年でめっきり数が減りました。その代わり今でも友達と呼べる人たちはとても信頼できるし、いつ会っても楽しい人ばかりです。たまにしか会わないけど。私のめんどくさい性格も理解したうえで未だに付き合い続けてくれている友人たちには心から感謝しています。いつも本当にありがとう。

彼女たちとは気軽に会える距離には住んでいないから会うときはいつも事前にいつ・どこで・何時に待ち合わせるか約束を取り付けてでないと遊ばない(遊べない)のですが、たまには「今日休み?暇?今からお茶せん?」みたいにフランクに会える友達がほしいなあと思ったり。断っても断られても「じゃまた今度!」で罪悪感も後腐れもない関係っていいなーなんて、ドトールミラノサンドを食べながら考えてました。ミラノサンドはちょっとしょっぱかったけどおいしかった。

 

▽仕事

仕事について少しだけ思い悩んだりそうでもなかったり。今の会社も仕事も嫌いじゃないです。むしろ好きです。現在入社3年目、2年目までは営業補佐をしており、今年に入ってからは経理の一部も担当するようになりました。今は営業補佐も時々しながら経理をメインにやっています。経理の仕事は好きだし自分にすごく向いていると自他共に認めています。ただ、単調すぎてやり甲斐がない。前任の方がアナログで100抱えていた仕事のうち30くらいを私が引き継ぎ、それを更にデジタル化して10くらいに圧縮してしまったから、日々やることのないことないこと。月のうち忙しい時期は限られているし、毎日のルーチン的にこなしている仕事は午前中で早いときは2時間もあれば終わってしまいます。そこから営業補佐の仕事もなければほぼ社内ニート状態。うちの会社は個人個人違うことを専門的にやっている、担当者でないと全くわからないことがほとんどなので他の人を手伝えることもあまりなく。

正直、退屈です。

会社自体は嫌いじゃない。会社の人たちもみんないい人だし好き。仕事の内容も好き。いろいろ融通きかせてもらえることもとても助かっている。ただ、退屈。

私はこのまま死んでいくのか?私には本当にこれくらいのことしかできないのか?お前はこれで本当に満足か?(突然の三人称視点)と自問自答ばかりの日々。強い停滞を感じる。かといって今の会社を自分の意思で辞めるかと聞かれたらNOで、クビになったりしたらそれは仕方がないけど、「機が熟した」とはっきり感じられるまでは今の場所で今の仕事をきちんとこなしつつ模索しようと思います。隣の芝は青い状態になってるだけかもしれないですし。でもやっぱりもっとやり甲斐ある楽しいことがしたいなあ。人間ってどこまでも欲深くて我が儘だ。(人間?私?)

 

▽もうじき10月

早いものです。今年は昨年までと比べてちゃんと寒くて「ちゃんと秋だな」と思います。いつまでも茹だるように暑くて紅葉も全然綺麗にしなかったのは何年前だっけ…?ハル夏夏夏アk冬冬冬ゥ!!みたいな季節だった年。

ドトールに居座り早1時間、ココアにも飽きてきたしアップル&シークヮーサーでも飲んでみたいけれど少し寒い。ていうかココアまだ残ってるし。ドトール大好きだからいい加減カード作ろうか迷っている。でもTポイントカードあるしいいかな…。